テレビ番組

不死鳥カラス(元プロレスラー製麺師)の正体やマスクの中の素顔を調査!本名や経歴についてまで

 

元プロレスラーで現在は人気製麺師の異名を持つ、

不死鳥カラスさんの正体やマスクの中の素顔と

本名や経歴までを調査してきました!

CBCテレビ制作の『バックステージ』にて外出自粛の中、

飲食店に麺を届ける『麺職人』として、不死鳥カラスさんが紹介されました。

少しではありますが、不死鳥カラスさんについて深堀させて頂きました。

早速みていきましょう。

 

不死鳥カラス(元プロレスラー製麺師)の正体やマスクの中の素顔は?

今回は『バックステージ』により、外出自粛中でも戦い続ける、

『逆境からの逆転を目指す』企業さんが特集されました。

その戦う企業の一つでもある、不死鳥カラスさんの勤務先が

『浅草開化楼さん』です。

不死鳥カラスさんが勤務されている、『浅草開化楼』さんは、

『名前を知らない人はいない』

『ラーメン界のトップ』

と言っても過言ではないほど有名な製麺所です。

全国にある約800店もある店舗と契約を結んでいるそうで、

一日に4万食の麺を製造されているとの事でした。

しかしながら、緊急事態宣言の中で『ラーメン店』も客足が遠のき、

不死鳥カラスさんは『製造する麺もかなり減った』とおっしゃっています。

そんな状況下でも、日々戦い続けている様で、

『お客さん(ラーメン店)が麺を求める限り、製麺を止めるわけにはいかない』

以前、不死鳥カラスさんは、『つけ麺の神』と拝められる、

『東池袋大勝軒の山岸一雄さん』に会いに行かれていました。

マスクの中の素顔は公表されていないものの、

神から受け継いだ熱い想いで、この逆境に立ち向かっているのかもしれません。

 

不死鳥カラスの本名や経歴は?

不死鳥カラスさん『六厘舎』『つけめんTETSU』など数多くの

超有名店で使用される麺をプロデュースされており、

麺への探究心は目を見張るものがあります。

その真摯に向き合う姿勢は、絶大な信頼を得ているようで、

契約されているラーメン店の数に反映されている事が分かります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

不死鳥カラス(@w960phoenix)がシェアした投稿

不死鳥カラスさんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

不死鳥カラス(@w960phoenix)がシェアした投稿

  • 生年月日 1970年1月22日
  • 出身地  東京都浅草
  • 身長   173㎝
  • 血液型  B型

不死鳥カラスさんの製麺は、ラーメン店の店主から課題などを聞き出し、

問題解決へのアプローチをする事はもちろんの事、

仕事終わりにご自身が手掛けた麺を卸しているラーメン店へ出向き、

自分の舌で味をチェックし、改良を重ねるという徹底ぶり。

そんな妥協を許さないカラスさんは、かつて現役のプロレスラーとして

活躍されていたようです。

不死鳥カラスさんの本名は公表されていないものの、

今後もトレードマークである、マスク姿の中に熱い想いを秘め、

ラーメン界を盛り上げてくれるに違いないでしょう。

感染拡大により、暗闇が続く飲食業界に希望の光を照らしてくれる、

リーダー的存在なのかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

不死鳥カラス(@w960phoenix)がシェアした投稿

不死鳥カラス(元プロレスラー製麺師)の正体やマスクの中の素顔を調査!本名や経歴のまとめ

今回は、不死鳥カラス(元プロレスラー製麺師)の正体やマスクの中の素顔を調査!

本名や経歴についてまでまとめさせて頂きました。

簡単にまとめますと、

不死鳥カラスさんはラーメン界トップと言われる製麺師。

逆境に立ち向かうい逆転を目指す。

ラーメン界を盛り上げるリーダー的存在。

ラーメンを食べる一ファンとして、陰ながら応援させて頂きます。

今後も有益な情報が入り次第、追記していきたいと思います。

少しでもお役に立てると幸いです。

では。