未分類

大坪寛子の経歴や大学はどこ?年収や家族構成を調査!

皆さん、こんにちは。タツです。

報道によりますと、和泉洋人首相補佐官と不倫関係にある厚生労働省の大坪寛子氏が、

公費で京都旅行に行ったとの情報が入りました!

今回は、和泉博洋さんの不倫相手である、

大坪寛子さんについて調査してきました。

是非、ご覧ください。

 

今回の報道がこちら

 

和泉博洋さんとの京都不倫旅行についての記事です。

是非、ご覧ください。

https://t-break1986.com/izumihiroto-kazoku-keireki/

 

 

大坪寛子さんの経歴や大学はどこ?

 

まずは、大坪寛子さんのプロフィールから見てみましょう。

 

大坪寛子さんのプロフィール
  • 生年月日 1966年~1967年
  • 年齢 52歳(2019年 現時点)
  • 出身大学 東京慈恵会医科大学医学部卒業
  • 独身 (離婚歴あり)
  • 子供あり (シングルマザー)
  • 住所 千代田区在住
  • 趣味 旅行 ドライブ
  • 信条 人事を尽くして天命を待つ

職業 厚生労働省大臣官房審議官

大変良い大学出身で、素晴らしい信条をお持ちの方ですね。

人に出来る事は全てやり、後は天に任せるという意味みたいですね。

和泉博洋には尽し、後は文春に任せると言った所でしょうか?(笑)

 

さて、大坪寛子さんの経歴を見てみましょう。

 

大坪寛子さんの経歴や年収は?

 

大坪寛子さんの経歴がこちら。

 

  • 1992年 – 東京慈恵会医科大学医学部卒業。
  • 2008年 – 厚生労働省医薬食品局血液対策課配属。
  • 2009年 – 厚生労働省健康局結核感染症課配属
  • 2010年 – 厚生労働省医薬食品局血液対策課配属。
  • 2011年 – 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室配属
  • 2011年 – 環境省総合環境政策局企画課石綿健康被害対策室配属。
  • 2012年 – 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室室長。
  • 2013年 – 厚生労働省医政局総務課医療安全推進室室長。
  • 2015年~内閣官房・健康・医療戦略室次長(和泉博洋さんと出会う
  • 現在~ 厚生労働省 大臣官房審議官

 

ウィキペディアより引用

 

 

こんなエリートなのに、不倫で有名になっちゃいましたね。

実にもったいないです。

2015年に大坪寛子さんが内閣官房・健康・医療戦略室の参事官に着任してからの

知り合いらしく、当時からその室長和泉博洋さんだとの事です。

ですので、現在までに約4年程、上司と部下の関係が続いているみたいですね。

 

医療戦略室であんな事やこんな事をしていたのでしょうか??

あまり想像したくはありませんが。。

文春にバレない様に、京都旅行を戦略していたのでしょうか??

まぁ、だいぶ失敗に終わってしまいましたが。。(笑)

 

大坪寛子さん現役職である、大臣官房審議官の年収は

1500万円~1800万円ほどと言われているみたいです。

 

貰ってますやん!!!

公費使わんでも京都旅行いけますやん!

僕も連れてってくださいよぉ~。

…はい。

 

 

さて、大坪寛子さんは厚生労働省の採用パンフレットにも登場しているみたいですね。

それが、こちら!

 

厚生労働省の採用パンフレット

 

美人官僚としても有名みたいで、

採用パンフレットにも登場してるのがこちら!

 

厚生労働省ホームページより引用

 

 

採用されるとそういう関係になれるんでしょうか??

僕も急いで履歴書を書きたいと思います!

それと一緒に髪の毛をもっと薄くしなきゃっ!

お笑いナタリーより引用

 

家族構成は?

 

大坪寛子さんは、シングルマザーみたいですね。

慈恵医大時代に結婚し、厚生労働省に入省した2008年に離婚を経験されています。

情報によりますと、お子さんもいらっしゃるみたいですね。

 

お子さんからすると、母親の不倫報道はみたくないですよねぇ。

可哀そぅに…

結婚・離婚・出産・不倫・ハゲ・文春砲を経験すれば

恐いものはありませんね。

 

 

文春オンラインより引用

 

 

まとめ

 

皆さん、いかがでしたでしょうか?

今回は、大坪寛子の経歴や大学はどこ?年収や家族構成を調査!してきましたが、

判明した事は…

・和泉博洋に尽し、後は文春に任せるという信条であるという事。

・ハゲと文春砲を経験すると恐いものはないという事。

・戦略室で採用されると、ワクワクな不倫旅行を計画してくれるという事

・僕も急いで履歴書を書かなきゃ!という事。

今回は、以上です!ありがとうございました。